週末ランナーはサブ3の夢をみる(か?)

久坂みりん(♂)です。週末ランニングで目指せサブ3!(無謀)

サボローが現れた!

【 サブ3への道(仮)Day 12 】

・ランニング 4 Days

・コアトレ 8 Days ←New

 

火曜日はコアトレの日!(挨拶)

翌日の起床時間との兼ね合いで、軽度の40分 ver. を。

少しでも負荷を増やそうと思い、プランクの最中に足を上げ…ようとしたけど(ヾノ・∀・`)ムリムリ でした。

本当はもっとやりたかったです。

最近はやる気もあるし、時々、じっくり時間をかけてコアトレもしています。

なので時間がない時に軽めのトレーニングをすると、サボローが隙を狙って囁きかけてきます。

「おや、それだけかい? 自由時間や睡眠時間を削ってまで、やってもやらなくても変わらないようなトレーニングをする意味はあるのかい?」

そんな時は、こう答えます。

「もちろんあるよ。確かに一昨日のコアトレと比較したら半分しかしていない。でも大事なのは内容じゃない。いや、もちろん内容も大切だよ。

一番大切なのは習慣化すること。時間がないのは前々からわかっていたことだから、事前にいろいろ工面して、コアトレをする時間を作る。そのことに意味がある。いろいろな理由で実行が難しい時に、臨機応変に「できることをする」。やらないという選択肢はない。時間があって、体調が良好の時だけトレーニングをやっていたのでは、いつまで経っても習慣化できないからね。

イチローも言ってる。努力だと言えるようでは努力ではない、と。だから僕は決められた曜日にコアトレをするんだ。やらないという選択肢をなくす。それが僕の努力だ。

あ。努力って言ってる(笑)」

するとサボローは、まるで「その言葉が聞きたかった」と言わんがばかりの笑顔で消えようとするで「ちょっと待った!」と引き止めます。

「え?」

「いつも誘惑してくれてありがとう。君のおかげで、僕は今、本気だとわかるんだ。これからも誘ってくれるかい?」

「もちろんだ。だって、ボクはサボローだからな!」

彼は親指を立てて消えました。

いつもありがとう、サボロー。

 

See you next Training.